Japanese Red Cross Society

文字サイズ サイト内検索
局長室から局長ブログ新・赤十字会館の建設のこと

局長室から

新・赤十字会館の建設のこと

日本赤十字社新潟県支部は、新潟市関屋地区にある『赤十字会館』の中に事務局を置き、新潟県血液センターの業務とともに、この会館で日々の活動を行っています。現在の赤十字会館は、昭和49年に完成した建物で、耐震工事こそ終えたものの、かなり老朽化が進み、現在の会館でできる機能や維持コストを考えると、ここ数年以内には建替えが必要な状況にあります。

この間、世の中の変化も激しく、現在新潟県支部に求められている役割など、社会のニーズも随分と変わってきています。

「いざ災害が発生したときには、全国から集まる救護班の活動拠点となりうる」こと、「災害に備え日頃から訓練や研修を行い、必要な資材の備蓄を行う」こと、「年間を通じて市民向けに救急法等の命を守る講習会を行う」こと、「日赤の活動を支援者を始め広く県民の皆さんに知っていただくための広報」、「ボランティアの皆さんの活動の拠点となる」ことなど、オフィス機能の他にも、新しい赤十字会館に期待される様々な機能があります。

現在、この新しい会館の機能などのコンセプトについて、関係者の皆さまとの意見交換を重ね、『新潟県赤十字会館建設の基本方針』をまとめているところです。限られた予算を有効に使って、なるべく多くの関係者が『集う』ことのできる場所になればと願っています。

 

局長室から局長ブログ新・赤十字会館の建設のこと

© Japanese Red Cross Niigata Chapter.