Japanese Red Cross Society

文字サイズ サイト内検索

Activity活動紹介

活動紹介講習会講習会を開催したい

講習会を開催したい

赤十字はみなさんに講習会を開催していただけるよう、指導員の派遣を行っております。
指導員派遣にあたっては、10名以上の受講者を集め会場を用意していただくようお願いいたします。ご希望の際、下記の内容をご確認いただき、お申込み下さい。

講習会を開催したい

講習会の内容の確認

こちらで希望する講習会の内容をご確認ください。

お申し込み

  1. 以下の内容を確認・ご承諾の上、講習会開催申請書と講習会お申込みチェックリストに必要事項を記入し、メール・FAX・郵送のいずれかで  お申込みください。(メールの場合は印鑑を捺印しPDFで送信ください)
  2. 講習会開催日を第3希望までご記入願います。
  3. 講習会開催申請書の申請締切日は下記のとおりです。指導員派遣・講習会の資材調整の都合上、申請締切日を過ぎると講習会が開催できませんのでご注意ください。
    救急法・水上安全法・幼児安全法・健康生活支援講習
    開催希望月 申請締切日
    6・7月 3月末
    6・7月以外の月 開催日が1〜15日 開催希望月の2か月前の15日*5月1日開催の申請締切日は3月15日となります。
    開催日が16〜末日 開催希望月の2か月前の末日*5月20日開催の申請締切日は3月31日となります。
  4. 講習会開催が集中する6・7月については、申請締切日が3月末になります。
  5. 講習会開催の可否については申請締切日から1か月以内にお知らせいたします。

日程、指導員の決定

当支部より講習会開催の決定日時・派遣する指導員の名前・連絡先を書面にてご連絡いたします。

指導員との打ち合わせ

指導員から連絡がきます。必要資材や内容の最終的な打ち合わせをします。

資材借用

日本赤十字社新潟県支部まで、資材を取りに行きます。

  • 教材と資材は、当支部での引き渡し・返却を原則といたします。
  • 直接お越しになれない場合は宅配便での発送も可能ですが、送料をご負担いただきます。
  • 費用負担については「講習会開催負担金・教材費について」の2.送料(教材・資材)をご確認ください。
  • 教材と資材の受け渡しは、講習会開始日の3日前(土・日・祝日を除く)から前日までとし、午前9時~午後5時(12時~1時除く)の間にお越しください。
  • 受け渡しの希望日については当支部から申請者宛に連絡し、確認させていただきます。

講習の実施

  • 講習中は受講者の健康管理と事故防止に努めてください。
  • 災害等が発生または、予測される場合は講習を中止していただく場合があります。
  • その他、変更等がある場合は当支部にご連絡ください。

資材返却・負担金等の支払い

  • 講習会終了後、教材(使用しなかったもの)と資材を当支部までご返却願います。
  • 教材と資材の返却は、講習終了後3日以内(土・日・祝日を除く)とし、午前9時~午後5時(12時~1時を除く)の間にお越しください。
  • 宅配便で教材・資材を返却する場合は「講習会開催負担金・教材費について」の2.送料(教材・資材)をご確認ください。
  • 経費の支払いに指導員派遣費用、往路分送料が含まれている場合は、翌月の中旬頃までに請求書と振り込み用紙をお送り致します。請求書の発行日から遅くとも1か月以内にお支払ください。

講習開催負担金・教材費について

1.指導員派遣費用

※自治・町内会、コミュニティ協議会、自主防災組織、赤十字関係団体、地域住民対象の講習会を行う場合は指導員派遣費用が免除されます。

講習の種類 負担額(指導員1人あたり)
救急法基礎講習会
各種養成講習会
短期講習会(4時間超)
5,000円
短期講習会(4時間未満) 3,000円

2.送料(教材・資材)

  • 教材と資材は、当支部での引き渡し・返却を原則といたします。
  • 直接お越しになれない場合は宅配便での発送も可能ですが、送料をご負担いただきますのでご注意ください。

講習会申請団体により送料負担が変わりますので、下記の表をご参照ください。

講習会申請団体 送料負担
自治・町内会、コミュニティ協議会、
自主防災組織、地域住民対象の講習会申請団体
返却時の復路分負担
赤十字関係団体
上記以外 受け渡しと返却時の往復分負担

講習会開催申請団体の種類に関わらず、復路分の送料はご負担いただきます。

往路分の送料をご負担いただく場合は講習会終了後、請求書を発行します。

活動紹介講習会講習会を開催したい

© Japanese Red Cross Niigata Chapter.