Japanese Red Cross Society

文字サイズ サイト内検索

Activity活動紹介

活動紹介学校教育に取り入れたい

青少年赤十字とは

青少年赤十字では、児童・生徒が赤十字の精神に基づき、世界の平和と人類の福祉に貢献できるよう、日常生活の中での実践活動を通じて、いのちと健康を大切に、地域社会や世界のために奉仕し、世界の人々との友好親善の精神を育成することを目的として、さまざまな活動を学校教育の中で展開しています。
この目的を達成するために、3つの実践目標「健康・安全」「奉仕」「国際理解・親善」と、主体性を育むために3つの態度目標「気づき」「考え」「実行する」を掲げています。

青少年赤十字

実践目標

健康・安全
自分と他人の生命と健康を大切にする
奉仕
人間として社会のため、人のために尽くす責任を自覚し、実行する
国際理解・親善
広く世界の青少年を知り仲良く助け合う精神を養う
実践目標について

態度目標

  • [図]気づき - 実行する - 考え
  • [図]生きる力 × JRC → 思いやりと行動力

青少年赤十字の特徴

  • 青少年赤十字は、幼稚園、保育所(園)、小・中・高等学校、特別支援学校等の中に組織されており、学校・幼稚園の先生や保育所の保育士を指導者としていることが大きな特徴です。学校(園)の教育・保育方針に基づいて、自主的に青少年赤十字を採用し、子どもたちの発達段階や地域の実状など、実態に即して計画、実践することになっています。
  • 青少年赤十字の活動には「これをしなければならない」といったものはありません。地域や世界の人びとの平和や福祉に貢献するような活動を学校の裁量で自由に行うことができます。
活動紹介学校教育に取り入れたい

© Japanese Red Cross Niigata Chapter.