新潟県支部のあゆみ 日本赤十字社のあゆみ 世界と日本の動き
1877 博愛社設立 昭和と改元西南戦争
1886 日本政府ジュネーブ条約調印
1887 日本赤十字社新潟県委員部設置 博愛社を日本赤十字社と改称
1888 磐梯山噴火、初の災害救護
1894 新潟県委員部を日本赤十字社新潟支部と改称、日清戦争救護開始 日清戦争救護(~95) 日清戦争(~95)
1896 第1回オリンピック開催(アテネ)
1900 支部看護婦養成所設置 ノーベル賞創設
1904 日露戦争救護開始 日露戦争救護(~05) 日露戦争(~05)
1914 第1次世界大戦救護開始 第1次世界大戦救護(~15) 第1次世界大戦(~15)
1923 関東大震災救護 関東大震災救護 関東大震災
1925 少年赤十字団創立、県内62団
1926 昭和と改元
1931 新潟支部病院(長岡赤十字病院)設置
満州事変救護開始
満州事変救護 満州事変
1937 日中戦争救護 日中戦争
1939 第2次世界大戦(~45)
1941 太平洋戦争救護開始 太平洋戦争救護 太平洋戦争
1945 太平洋戦争終わる 広島・長崎原爆投下、終戦
国際連合成立
1946 日本国憲法公布
1948 赤十字奉仕団結成
青少年赤十字再建
赤十字奉仕団結成
青少年赤十字組織変更
世界人権宣言
学制改革実施に関する閣議決定
1950 朝鮮戦争(~53)
1952 日本赤十字社法制定
血液銀行開設
1953 日本赤十字社新潟県支部と改称
1955 新潟市大火救護活動
1958 東京タワー完成
1959 在日朝鮮人の北朝鮮帰国開始
新潟赤十字センター開設
在日朝鮮人北朝鮮帰還援助
1960 赤十字愛の献血運動開始
1964 新潟地震救護活動 東京オリンピック開催
1965 県支部に新潟県赤十字血液センター設置
1969 人類初の月に到達(米国)
1971 在日朝鮮人の帰国業務終了
1972 日中国交回復、沖縄復帰
1974 新潟県赤十字会館竣工
1975 ベトナム難民援護事業(~95)
1977 日本赤十字社創立100周年
1985 群馬県上野村の日航機墜落事故救護班派遣
1987 日本赤十字社新潟県支部創立100周年
1989 昭和天皇崩御、平成と改元
1995 阪神・淡路大震災救護開始 阪神・淡路大震災救護 阪神・淡路大震災
1996 蒲原沢土石流災害救護
1997 日本赤十字社新潟県支部創立110周年
長岡赤十字病院移転新築により開院
ロシアタンカー重油流失災害での奉仕団
活動活発
2001 インド大地震救援のため救援要員を派遣
アフガニスタン緊急医療支援活動の医療要員を派遣要員を派遣
米国同時多発テロ事件義捐金 米国同時多発テロ事件
2002 FIFAワールドカップに救護協力 日本赤十字社創設125周年
社法制定50周年
FIFAワールドカップ日韓共同開催
北朝鮮に拉致された日本人5名が帰国
2003 イラク戦争で救護班を派遣 米英によるイラク侵攻作戦開始
2004 新潟県梅雨前線豪雨災害で救護活動
新潟県中越大震災で救護活動
新潟県豪雪災害で救護活動
新潟県中越大震災で救護活動
スマトラ沖地震・津波救援のためERU出動
日本政府がジュネーブ諸条約第1、第2
追加議定書加入
新潟県中越大震災が発生
スマトラ沖地震が発生
2005 愛知万博(国際赤十字・赤新月パビリオン)
に運営スタッフを派遣
愛知万博に国際赤
十字・赤新月パビリオンを出展
パキスタン北部地震救援のためERU出動
日本国際博覧会(愛知万博)「愛・地球博」が開幕
パキスタン北部地震が発生
2006 インドネシア・ジャワ島中部地震救援のためERU出動
ジュネーブ条約第3追加議定書を赤十字国際会議で採決
アジア赤十字・赤心月社HIV/エイズ対策ネットワーク会議開催
名誉総裁皇后陛下が殉職救護員慰霊碑献花のため本社をご訪問
ケニア洪水災害救援のためERU出動
インドネシア・ジャワ島のジョグジャカルタでM6.3の地震発生
2007 石川県能登半島沖地震で救護活動
日本赤十字社新潟県支部創立120周年記念大会
新潟県中越沖地震で救護活動
ジュネーブ条約第3追加議定書が1月14日に発効
日本赤十字社創立130周年
石川県能登半島沖地震が発生
2008 全国ボランティアフェスティバルにいがた
2009 トキめき新潟国体における臨時救護活動
2010 赤十字救急車配置事業廃止(平成21年度を以って修了)
2011 東日本大震災救護活動

Comments are closed.