kyugo1 災害救護活動は、赤十字の中核的な活動となっています。
 各地で発生する自然災害や交通災害、産業災害等に対して、日本赤十字社独自の判断により災害救護活動を行ったり、国及び地方公共団体等が行う救助に日本赤十字社が協力する形で救護活動を行っています。

 日本赤十字社の実施する災害救護活動は、次のものがあります。

  1. 医療救護
  2. 救援物資の配布
  3. 血液製剤の供給
  4. 義援金の受付と配分
  5. 赤十字ボランティアによる災害時の情報収集、応急手当、炊き出し、安否調査、救援物資の輸送と配布、避難所での世話などの活動
どんな活動をしているの?

  1. 災害救護体制の強化と充実
    • 災害発生時に迅速に救護活動ができるよう長岡赤十字病院では救護班(医療チーム)を10班編成し、また、新潟県赤十字血液センターに血液供給要員を任命し登録しています。
    • 有する機能を有効に発揮できるように、各種の訓練及び研修会を実施しています。
    • 赤十字奉仕団等の防災ボランティアの訓練や研修会を実施しています。
  2. 災害救護装備・資機材の整備
    • 救護活動に使う資機材(エアーテントや医療資機材など)や、救護活動を実施する際に必要な事務用品(パソコンなど)、救護員の制服等の補充整備をしています。
  3. 災害救援物資の配布
    • 地震・大雨災害等の被災者に対し、毛布、緊急セット、日用品セット、タオル等の救援物資の配布しています。
  4. 火災等の被災者への救援物資の配布
    • 火災等の被災者に対する、毛布、日用品セット、タオル等の救援物資を配布しています。
    • 火災等の災害で死亡された方に対する弔慰金の贈呈を行っています。
  5. 災害義援金等の受付と配分及び関係支部への送金

(平成21年3月31日現在)

Comments are closed.