青少年赤十字通信(pdf)
青少年赤十字活動資金「一円玉募金」活動をはじめませんか

青少年赤十字活動資金の募金活動は、「一円玉募金」とも呼ばれています。  児童・生徒がお小遣いを倹約するなどして貯めたお金を、開発途上国への支援活動等に活用して欲しいと、児童・生徒自らが気づき・考え・実行した事業の一つにあげられています。

★気づき・・・ テレビや新聞、赤十字からの資料提供で、開発途上国の子どもたちが苦しい生活をしいられていることに気づく。 (例)  きれいな水がすぐに手に入らない。  近くにトイレがない。  勉強したいのに、学校に行けない。  絵を描きたいのに、文房具(ノート、えんぴつ、消しゴム等)が手に入らない。  わたしたちの生活が恵まれている環境であることに気づく。
★考え・・・ 自分たちが今、何ができるのかを考える。 (例)  募金活動をしてお金を集めて、送る。  自分の持っている、ノート、えんぴつ等を開発途上国の子どもたちに送る。  開発途上国の子どもたちに、応援メッセージを送る。  等を考え、実行にむけた対応を考える。
★実行する・・・ 児童・生徒が自ら考えたことを学校の先生に相談し実行する。 (例)  募金活動をして集めたお金や応援メッセージは、赤十字が自分たちに代わって開発途上国に送ってくれることを、赤十字の提供している資料で知る。  そして、実際に自分たちで赤十字にお金やメッセージを送り、開発途上国に送ってもらうことを依頼する。その後、自分たちの集めたお金がどのような活動に使われたのかを、赤十字からの情報で知る。
jrc006-2 jrc007
jrc008 jrc009

Comments are closed.