新潟市東区で 赤十字活動のPR

三連休最終日の7月16日(月)に開催された、
新潟市東区の「第12回東区区民ふれあい祭」に参加しました。

赤十字の広報ブースを設置し、市民の皆さんに赤十字活動のPRと、ご支援をお願いしました。
子どもたちに赤十字を身近に感じてもらえるように、救護活動の際に着用する救護服や、
赤十字看護学校の実習着を着て撮影をする「キッズフォトコーナー」を設け、
多くの方に撮影をしていただきました。
また、奉仕団の方々より、7月豪雨災害の義援金(※)の募金活動も行いました。

赤十字ブースに立ち寄ってくださった方、
新潟市東区赤十字奉仕団の皆さん、新潟県立大学青年奉仕団の学生さん、
非常に暑い中ありがとうございました。

 

(※)
6月の大阪府北部地震災害、米原竜巻災害、7月豪雨災害と立て続けに災害が発生しています。
被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。
日本赤十字社では、避難所等での救護活動、そして義援金の受付を行っております。
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

 

よく質問のある【義援金と活動資金の違い】について

■義援金《全額を被災者へ届けます》
お寄せいただいた義援金は、被災府県の義援金配分委員会に全額送金され、
被害状況に応じて被災府県から被災された方へ渡されます。
義援金が日赤の救護・支援活動に使われることは、一切ありません。
義援金の受け付け≫ http://www.jrc.or.jp/contribute/help/

■活動資金《日赤の人道的活動のために》
日赤の活動は、会費や寄付を合わせた活動資金で支えられています。
今回の豪雨で被災された方への医療救護活動や毛布などの救援物資も、
皆様のご支援による活動資金が充てられています。
活動資金の受け付け≫ http://www.jrc.or.jp/contribute/

 

Comments are closed.