危険な場所はどこかな? ~幼稚園で防災授業トライアル~

日本赤十字社では、幼児に向けた防災教材の開発に取り組んでいます。

6月14日、新潟市立沼垂幼稚園で日赤の防災教育プログラム試作品を使って、授業をしていただきました。

晴れている時、雨が降っている時、雪が降っている時など、様々な状況の異なるイラストを使って、危ない場所はどこなのか、一生懸命考えながら、とても積極的に発言してくれました。

作成者側も認識していなかった危ない場所に気づいた子どもたちもいて、子どもたちの柔軟さに大変驚きました。

今回の授業を踏まえて、子どもたち自身が考える防災教材を作って参りますのでご期待ください。

沼垂幼稚園のみなさん、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.