日本赤十字社本社・第2ブロック支部合同救護訓練参加!

平成29年10月29日(日)~30日(月)の2日間、山梨県甲府市のアイメッセ山梨を会場に第2ブロック支部(※1)と、山梨県に隣接する長野県と静岡県の各都道府県支部、赤十字病院、防災ボランティアが集結し、総勢約450名での大規模災害救護訓練を行いました。

この訓練には、新潟県支部救護員と長岡赤十字病院救護班が参加し、他県の同じ職種の方々と連携・共同しながら災害時に迅速な救護活動ができるよう訓練、検証に取り組みました。

新潟県支部救護員は、現地対策本部にて災害等の情報収集、各避難所の状況把握や、必要な資材の手配など迅速かつ的確な情報伝達力を培う訓練をしました。

長岡赤十字病院救護班は、最も重症度の高い救護エリアを担当し、次々と搬送されてくる傷病者の処置を行い、的確な判断のもと、重症度の高い傷病者から救急車で病院へ搬送する訓練をしました。

このような訓練を積み重ね、これからも皆様に信頼され、「災害時に頼りになる赤十字」となれるように研鑽を続けていきます。

 

※1 第2ブロック支部とは、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県のことをさします。

 

 

Comments are closed.