上越市のさんわ保育園で防災講習“赤十字防災啓発プログラム”を開催しました

赤十字では防災・減災の知識を学べる防災講習“赤十字防災啓発プログラム”の普及を行っています。

さる10月20日、上越市三和区の上越市立さんわ保育園で、地元のボランティア団体である上越市赤十字奉仕団三和分団の主催で、“赤十字防災啓発プログラム”が開催されました。

保育園の園児やその保護者、そして保育士の先生達と100人以上の参加者に対し、講師の赤十字幼児安全法指導員3名が、災害に対する日頃の備えについてや、もし災害が起きたらどうするかについてお話した後、身近なものを使っての応急手当の指導などを行いました。

 

近年国内では大きな災害が続いて発生していることもあり、皆さん真剣な態度で講習を受けており、応急手当の実技ではお母さんに一生懸命に手当をするかわいい子どもたちの姿が随所で見られました。

親子でふれあいながら楽しく防災について学べる機会になったのではないでしょうか?

dsc07348dsc07356

Comments are closed.