新潟県支部からのお知らせに関するニュース一覧

「平成28年新潟県糸魚川市大規模火災義援金」を受け付けます

12月22日に新潟県糸魚川市で発生した大規模火災に対し、日本赤十字社は、この災害で被災された方々の生活再建の一助とするため、「 平成28年新潟県糸魚川市大規模火災義援金」の受け付けを開始しました。

お寄せいただいた義援金は全額を被災された皆様にお届けいたします。

1 義援金名
「 平成28年新潟県糸魚川市大規模火災義援金」

2 受付期間
平成28年12月26日(月)~平成29年3月31日(金)

3 災害義援金受付口
○郵便振替(ゆうちょ銀行・郵便局)

口座記号番号  00130-7-602726

口座加入者名 日赤平成28年新潟県糸魚川市大規模火災義援金

※窓口でのお振り込みの場合は、振込手数料は免除されます。
(ATMによる通常払込みおよびゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります)
※窓口でお受け取りいただきました半券は、受領証に替えることができます。
(寄附金控除申請の際にご利用いただけますので、大切に保管してください。)
※窓口でのお振り込みで受領証をご希望の場合は、振替用紙の通信欄に「受領証希望」と明記のうえ、お名前、ご住所、お電話番号を記載してください。
※窓口以外(ゆうちょダイレクト等)でのお振込みで受領証をご希望の場合は、「受領証希望」の旨と下記①~⑧を日本赤十字社パートナーシップ推進部あてFAX(03-3432-5507)にてご連絡をお願いいたします。
①義援金名 ②氏名(受領証の宛名) ③住所 ④電話番号⑤寄付日 ⑥寄付額 ⑦振込人名 ⑧口座番号

○銀行振込
ア 三井住友銀行 すずらん支店
普通預金  2787537

イ 三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店
普通預金  2105528

ウ みずほ銀行 クヌギ支店
普通預金  0620332
※口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」
※ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。
※受領証発行をご希望の場合は下記事項を日本赤十字社パートナーシップ推進部あてご連絡ください。
担当窓口:日本赤十字社パートナーシップ推進部
電話番号:03-3437-7081 FAX番号:03-3432-5507
①ご住所 ②お名前(受領証の宛名) ③電話番号 ④ご寄付された日 ⑤寄付額 ⑥振込金融機関名及び支店名

○新潟県支部での受付
金融機関名  第四銀行 白山支店
口座番号   普通預金 1700966
口座名義   日本赤十字社新潟県支部 支部長 米山 隆一(ヨネヤマ リュウイチ)

金融機関名  北越銀行 田町支店
口座番号   普通預金 2023462
口座名義   日本赤十字社新潟県支部 支部長 米山 隆一(ヨネヤマ リュウイチ)

※第四銀行、北越銀行とも本支店間における窓口での振込については手数料は無料です。

※ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。
※受領証発行をご希望の場合は下記事項を下記担当窓口あてご連絡ください。
担当窓口:日本赤十字社新潟県支部 組織振興課 TEL  025-231-3121
①ご住所 ②お名前(受領証の宛名) ③電話番号 ④ご寄付された日 ⑤寄付額 ⑥振込金融機関名及び支店名

 

日本赤十字社にお寄せいただいた「義援金」は、新潟県に設置される義援金配分委員会に全額送金され、同委員会で定める配分基準に従って被災者へ届けられます。

こちらをご覧ください。

糸魚川市の火災に対する対応について(第2報)

平成28年12月22日に発生した「平成28年新潟県糸魚川市における大規模火災」に対し、日本赤十字社新潟県支部では、救援物資の配布のほか、長岡赤十字病院から日赤災害医療コーディネートチームを派遣しました。

16時50分に新潟県支部を出発した救援物資は、19時40分、糸魚川市民会館に到着後、一部の物資を上刈会館、ホワイトクリフ、ケアハウス翠明苑の3か所に赤十字ボランティアの協力を得て配布しました。

また、日赤災害医療コーディ―ネートチームは、18時20分に長岡赤十字病院を出発し、20時40分、糸魚川市民会館に到着後、避難されている方の健康状態を確認しました。その後、上刈会館、ホワイトクリフの2か所を巡回訪問しました。いずれも応急手当・処置が必要な方はいませんでした。

本日(23日)午前、避難所を訪問し、医療コーディ―ネートチームの活動を終了し、帰還しました。

新潟県支部は、今後も糸魚川市、新潟県並びに関係機関と連絡調整を行いながら、必要に応じ、支援を続けていきます。

糸魚川市の火災に対する対応について

 12月22日午前10時半ごろ、新潟県糸魚川市大町1の商店街の一角から出火した火災について、日赤糸魚川市地区から救援物資の要請があり、バスタオル200枚、タオル200枚、安眠セット200セット、毛布200枚、緊急セット100セットをトラックに積み込み、16時50分避難所に向け出発しました。この配送については、佐川急便㈱や宅配業者のご協力を得て実施いたしました。

また、長岡赤十字病院から、避難者の健康状況や医療のニーズの調査等にあたるため、医師1名・看護師2名・事務2名の計5名が18時22分、避難所に向け出発しました。

 

 

 

 

 

 

 

支部長の就任について

支部長泉田裕彦の退任に伴い、平成28年12月1日付で、米山隆一新潟県知事が支部長に就任いたしましたので報告いたします。

【米山隆一あいさつ】
このたび 12月1日付をもちまして日本赤十字社新潟県支部長に就任致しました。
もとより微力ではございますが 赤十字事業推進のため専心努力いたす所存でございますので 皆様方のご指導ご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 平成28年12月
 日本赤十字社新潟県支部
 支部長 米 山 隆 一

平成28年度「NHK海外たすけあい」(第34回)にご協力をお願いします。

日本赤十字社は、12月1日(木)から12月25日(日)の期間、平成28年度「NHK海外たすけあい」(第34回)の受け付けを行っています。

このキャンペーンは、日本放送協会との共催により、海外における「武力紛争犠牲者に対する支援」「災害被災者への支援と防災活動」「保健・衛生分野での支援」を目的として各団体の協賛のもと、実施いたします。

近年は、国内外で多発する大規模災害や紛争といった情報が、インターネットや情報ネットワークの著しい普及により連日報道されており、これまで以上に身近な出来事として、世界中の人々が関心を寄せており、犠牲者に対し、救いの手を差し伸べることの重要性が改めて問われております。

つきましては、趣旨にご賛同のうえ、皆様より特段のご理解とご協力をお願いいたします。

こちらをご覧ください。

「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」にご協力をお願いします

10月21日に鳥取県で発生した震度6弱の地震の影響により、鳥取県内に大きな被害がでております。

日本赤十字社(東京都港区)は、この災害で被災された方々の生活再建の一助とするため、「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」の受け付けを開始しました。

お寄せいただいた義援金は全額を被災された皆様にお届けいたします。

1 義援金名
「平成28年鳥取県中部地震災害義援金」

2 受付期間
平成28年10月25日(火)~平成28年11月25日(金)

3 協力方法
○郵便振替(ゆうちょ銀行・郵便局)

口座記号番号 00180-8-514217

口座加入者名 日赤平成28年鳥取県中部地震災害義援金

※窓口でのお振り込みの場合は、振込手数料は免除されます。
(ATMによる通常払込みおよびゆうちょダイレクトをご利用の場合は、所定の振込手数料がかかります)
※窓口でお受け取りいただきました半券は、受領証に替えることができます。
(寄附金控除申請の際にご利用いただけますので、大切に保管してください。)
※窓口でのお振り込みで受領証をご希望の場合は、振替用紙の通信欄に「受領証希望」と明記のうえ、お名前、ご住所、お電話番号を記載してください。
※窓口以外(ゆうちょダイレクト等)でのお振込みで受領証をご希望の場合は、「受領証希望」の旨と下記①~⑧を日本赤十字社パートナーシップ部あてFAX(03-3432-5507)にてご連絡をお願いいたします。
①義援金名 ②氏名(受領証の宛名) ③住所 ④電話番号⑤寄付日 ⑥寄付額 ⑦振込人名 ⑧口座番号

○銀行振込
ア 三井住友銀行 すずらん支店
普通預金 「2787492」

イ 三菱東京UFJ銀行 やまびこ支店
普通預金 「2105487」

ウ みずほ銀行 クヌギ支店
普通預金 「0620324」
※口座名義はいずれも「日本赤十字社(ニホンセキジュウジシャ)」
※ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。
※受領証発行をご希望の場合は下記事項を日本赤十字社パートナーシップ推進部あてご連絡ください。
担当窓口:日本赤十字社パートナーシップ推進部
電話番号:03-3437-7081 FAX番号:03-3432-5507
①ご住所 ②お名前(受領証の宛名) ③電話番号 ④ご寄付された日 ⑤寄付額 ⑥振込金融機関名及び支店名

○鳥取県支部での受付
金融機関名  山陰合同銀行 鳥取県庁支店
口座番号   普通預金 3642728
口座名義   日本赤十字社鳥取県支部 支部長 平井 伸治(ヒライ シンジ)

金融機関名  鳥取銀行 鳥取県庁支店
口座番号   普通預金 305738
口座名義   日本赤十字社鳥取県支部 支部長 平井 伸治(ヒライ シンジ)

※ご利用の金融機関によっては、振込手数料が別途かかる場合があります。
※受領証発行をご希望の場合は下記事項を担当支部あてご連絡ください。
担当窓口:日本赤十字社鳥取県支部 総務課 TEL  0857-22-4466
①ご住所 ②お名前(受領証の宛名) ③電話番号 ④ご寄付された日 ⑤寄付額 ⑥振込金融機関名及び支店名

 

日本赤十字社にお寄せいただいた「義援金」は、被災道県に設置される義援金配分委員会に全額送金され、同委員会で定める配分基準に従って被災者へ届けられます。

こちらをご覧ください。

「2016年ハイチハリケーン救援金」の受付について

カリブ海で発生した強力なハリケーン「マシュー」により、ハイチ、キューバ、ドミニカ共和国、ジャマイカなどカリブ海諸国で甚大な被害が広がっています。特に、ハイチでは南西部を中心に35万人以上の人々が被災し、数百人が死亡したと報じられています。また、衛生環境の悪化からコレラの流行も懸念されています。

国際赤十字・赤新月社連盟はハイチ赤十字社と連携し、被災状況の調査や安全な水の供給・救援物資の配布などの救援活動を行っています。

日本赤十字社においても、ハイチ駐在の日赤看護師を通じて情報収集を行い、連盟からの緊急アピールに応じて資金援助を決定しました。

また、下記により救援金を受付することといたしましたのでお知らせいたします。

 

1.救援金名称    2016年ハイチハリケーン救援金

2.受付期間     平成28年10月9日(日)から平成28年12月31日(土)まで

3.受付口座

(1)金融機関と口座番号

 ア 三井住友銀行     すずらん支店  (普)2787765

 イ 三菱東京UFJ銀行  やまびこ支店  (普)2105770

 ウ みずほ銀行      クヌギ支店   (普)0623382

(2)口座名義    日本赤十字社(上記3行共通)

    ※郵便局・ゆうちょ銀行については、手続きが完了次第、別途お知らせいたします。

赤十字ハートフル講座を開催します。

新潟県支部では、赤十字活動について関心を深めていただく場として、赤十字ハートフル講座を行います。

お誘いあわせの上、ご参加ください。

1 日 時  平成28年10月26日(水)13:45 ~ 15:30 (受付13:00~)

2 場 所  長岡赤十字病院 講堂 (長岡赤十字看護専門学校隣)

3 演 題  第一部 赤十字活動報告
。。。。。。。。。。。平成28年熊本地震災害に対する日本赤十字社の災害医療救護活動
。。。。。。。。。。。。長岡赤十字病院 医療社会事業部長 内藤万砂文医師
。。。。。。。第二部 スペシャルトークイベント 介護講演&落語会
。。。。。。。。。。。「生き抜く強さ 笑える喜び ―いのちが大切―」
。。。。。。。。。。。。笠井咲さん、 林家こん平さん、 林家ぼたんさん

4 主 催  日本赤十字社新潟県支部・新潟県日赤有功会

5 その他 (1)定員200名(先着)、(2)参加費は無料

6申し込み方法 日本赤十字社新潟県支部 組織振興課まで下記の内容を電話にてお申し込みください。
。。。。。。。。。。。。電話番号:025-231-3121 (受付時間 9:00~17:00)
。。。。。。(1)代表者氏名、 (2)代表者住所、 (3)代表者連絡先、 (4)参加人数

7 締め切り  平成28年10月19日(水)

※ 駐車場に限りがあります。公共交通機関のご利用をお願いいたします。

28%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%ab128%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%83%ab2

平成28年度新潟空港消火救難・救急医療総合訓練

img_4672-3平成28年9月15日(木)新潟空港において「平成28年度新潟空港消火救難・救急医療総合訓練」が実施され、日本赤十字社新潟県支部職員・長岡赤十字病院職員も訓練に参加しました。

この訓練は、新潟空港における航空機事故発生に際し、空港内外の各関係機関相互の緊密な連携と協力により、限られた救難資源の中で、消火救難活動並びに医療救護活動を迅速かつ的確に行い、被害拡大の防止及び軽減を図ることを目的とし、実施されました。

hp%e2%91%a0hp%e2%91%a1hp%e2%91%a3hp%e2%91%a2

8月にお預かりした平成28年度熊本地震災害義援金を本社へ送金しました

新潟県支部では、8月31日現在、40件、1,617万8,794円をお預かりし、全額を本社へ送金しました。

引き続き、皆さまからの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

なお、各都道府県支部などを通じて日本赤十字社本社に寄せられた熊本地震災害義援金は、382,171件 250億6,253万7,812円 (平成28年8月24日現在 集計確認分)となり、8月25日までに242億8,670万1,599円(熊本県241億5,273万5,744円、大分県1億3,396万5,855円)を熊本県・大分県に設置された義援金配分委員会へ送金しました。

本社や各都道府県支部を通じて、お寄せいただいた義援金は、手数料などをいただくことなく、全額を被災県に設置された「義援金配分委員会」を通じて、被災された方々へお届けしています。

この送金された義援金は、被災県の義援金配分委員会が地域の実情に合わせて配分の対象や配分額を決定し、被災された方々へお届けしています。

詳細は、こちら