新潟県支部からのお知らせに関するニュース一覧

青少年赤十字防災教育スキルアップセミナー(中越会場)実施について

本日、1月17日(木)の青少年赤十字防災教育スキルアップセミナー(中越地区)は、予定通り実施いたします。

 

◆ 日 時:平成31年1月17日(木)14時00分~16時00分

◆ 会 場:長岡赤十字病院 地域連携・患者サポートセンター 会議室

 

担当:日本赤十字社新潟県支部 事業推進課

新年あいさつ

新年明けましてあめでとうございます。

会員の皆様、赤十字奉仕団・ボランティアなど赤十字を支えてくださるすべての皆様には、平素から赤十字事業の進展のため、格別のご協力をいただき心より御礼申し上げます。

日本赤十字社新潟県支部では、災害からいのちを守る日本赤十字社の確立のため、様々な活動に取り組んでまいりますので、皆様からの一層のご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

日本赤十字社新潟県支部

年末あいさつ

本年も残すところ、あと僅かとなりました。

皆様には格別のご支援・ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

来る年がよい1年となりますよう心よりお祈りするとともに、来年も変わらずのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします

 

なお、12月29日~1月3日は災害発生等の緊急時対応のみとさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

日本赤十字社新潟県支部

平成30年度「NHK海外たすけあい(第36回)」にご協力をお願いします

苦しんでいる人を救いたい。それは全ての人に共通する思いです。
いま世界では、1億3千万人もの人々が紛争や自然災害、飢餓、病気などで、命の危機に直面しています。

日本赤十字社では、毎年、日本放送協会並びにNHK厚生文化事業団との共催で、
赤十字の国際活動の財源確保を目的として「海外たすけあい」キャンペーンを行っており、
このキャンペーンに寄せられる寄付金は、海外における「武力紛争犠牲者に対する支援」
「災害被災者への支援と防災活動」「保健・衛生分野での支援」のために活用されております。

今年度も来る12月1日から25日までの間、
「海外たすけあい」キャンペーンを実施することとしていますので、ご協力をお願いいたします。
詳しくは、こちら

 

もしものときに備えよう 新潟市1日赤十字デーを開催します

10月6日(土曜)午前10時から午後3時、
NEXT21・1階アトリウムにて新潟市1日赤十字デーを開催します。
「災害からいのちを守る赤十字」をテーマに、
講座「災害が起こったときに~あなたができること~」や、
段ボールで仕切られた避難所を再現した避難所体験コーナーを設け、
防災情報や赤十字の活動についてご紹介いたします。

↓ 講座詳細 ↓

講座時間(午前と午後に各1回・同内容で開催)
・午前11時から正午(講演30分・実技30分)
・午後1時半から午後2時半(講演30分・実技30分)
参加費:無料
定員:20名(先着)
申込み:新潟市役所福祉総務課へ電話でお申し込みください。(電話:025-226-1169)
注意事項:実技があるので動きやすい服装でお越しください。

なお、無料駐車場がないため公共交通機関でお越しください。

詳しくは新潟市ホームページをご覧ください。

 

交通安全帽製造・梱包・発送業務の一般競争入札について

このたび、交通安全帽製造・梱包・発送業務について、一般競争入札を実施いたします。

詳しくは

交通安全帽製造・梱包・発送業務の一般競争入札について(公告)

をご覧ください。

なお、参加にあたり、競争入札参加資格を必要とすることから、

こちらをご覧いただき申請願います。

【お知らせ】9月11日より「平成30年北海道胆振東部地震災害義援金」受け付けを開始します

北海道胆振地方中東部を震源とする最大震度7の地震により、北海道に大きな被害が出ました。
この災害で被災された方々を支援するため、
日本赤十字社は、9月11日より「平成30年北海道胆振東部地震災害義援金」の受け付けを開始します。
詳細はこちらをご覧ください。

皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

なお、日本赤十字社の救護活動状況についてはこちらをご覧ください。

ホームページリニューアル業務にかかる公募型プロポーザルの実施について

このたび、当支部ホームページリニューアル業務について、公募型プロポーザル方式による業務委託を実施いたします。

詳しくは

ホームページリニューアル業務にかかる公募型プロポーザルの実施について(公告)

をご覧ください。

なお、参加にあたり、競争入札参加資格を必要とすることから、

こちらをご覧いただき申請願います。

北海道へ長岡赤十字病院から DMATを派遣します

9月6日、北海道で大きな地震が発生しました。
日本赤十字社では、発災直後から北海道支部を中心に、
情報収集や連絡調整をしてまいりました。

この度、長岡赤十字病院からDMATを派遣することとなり、
9月6日夕方、職員5名がフェリーにて北海道へ出発しました。
※DMATとは、災害の急性期(48時間以内)に活動できる機動性を持った、
専門的な訓練を受けた災害派遣医療チームです。

長岡赤十字病院のDMATは、札幌医科大学付属病院で被災者の医療支援や病院支援にあたります。
被災地の方々のニーズに合った活動ができるよう努めてまいります。

【お知らせ】「2018年インドネシア・ロンボク島地震救援金」受け付けを開始します

インドネシア中部のロンボク島では、
7月から8月にかけ、短期間に3回連続で大きな地震が発生しました。
被災者50,959人、避難を余儀なくされた人々は417,529人にのぼり、
損害を受けた家屋は155,941棟、全壊した家屋は32,016棟と報告されています。(8月15日現在)

避難する方々を支援するため、
日本赤十字社では「2018年インドネシア・ロンボク島地震救援金」を受け付けております。
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

受付期間:平成30年8月22(水)から平成30年11月30日(金)

詳細はこちらをご覧ください。